METACITY

Identity, Graphic, Art Project

2019

思考実験とプロトタイピングを通してありうる都市の形を探求するリサーチプロジェクト「METACITY」 のV.I.及び、キックオフカンファレンスのグラフィック、ウェブ、会場サインなどのアートディレクション、デザインを担当しました。キックオフカンファレンスには、国内外のアーティスト、研究者、デザイナー、技術者、起業家、市長が招聘され「City As _」をテーマに、アートやカルチャー、データ、コミュニティ、生命システムまで、様々な視点から議論がなされました。

都市は、物資、人間、情報などの集積地と言えます。そこでは、日々様々な活動が行われ、結果、都市は常に流動、変化し、1つの言葉やイメージでは捉えきることが困難です。このシンボルとなるパターンは、そういった様々な物事の移動と集積の様子を、俯瞰的に捉えた状態を表しています。都市そのものをメタ的に捉えることを目指しデザインしました。

イベントのブローシャー、会場サイン、入場チケット、エキシビター証などのツールでは、それぞれシンボル部分のパターンがランダムになるデザインを施しました。細かなパターンが違っても、引いてみると、どの都市も物質や情報の集合体であり似て見えてくるのと同じ様に、このシンボルパターンも振る舞います。

METACITY

Art direction + design: 三尾康明

METACITY CONFERENCE 2019 Credit
企画:土肥武司 (UNLIT inc.) / 石多未知行 (PMAJ) / 青木竜太 (VOLOCITEE Inc.)
制作・進行・運営:HerTMAX Co.,Ltd. / ㈱幕張メッセ / ㈱千葉共立
コンセプトデザイン:青木竜太(VOLOCITEE Inc.)
アートディレクション・グラフィックデザイン:三尾康明(KARAPPO Inc.)
アートエキシビションテクニカル:石多未知行(PMAJ) / 土肥武司 (UNLIT inc.) / ヒビノメディアテクニカル㈱
カンファレンス スピーカーキュレーション:青木竜太(VOLOCITEE Inc.)
キッズワークショップ:西千葉工作室
ウェブデザイン:三尾康明(KARAPPO Inc.)俵山宏和(SOLU MEDIAGE inc.)
アタック映像:サソウシンヤ
アタック映像サウンドデザイン:TommyTommy(urinbo)
協力:PMAJ / (株)ウェザーニューズ / 松本 悠里
PR広報:HerTMAX Co.,Ltd. / ㈱幕張メッセ
後援:千葉市 / 千葉市教育委員会